VFの宣伝をしようと思う ラウ編

今日はラウチェンについて。

ラウ・チェン
(通称:ラウ)

1、キャラ概要

先日紹介した、パイチェンの父。虎燕拳の使い手であり著名な料理人。
自らが不治の病であることを知りつつも虎燕拳の継承者を探すためトーナメントに出場する。ストーリー上では第1回大会優勝者だが、多分誰も覚えていない。

見た目通りドラゴンボールの桃白白がモデル。
髭面、おさげ、中華服、そして声は千葉繁という、

ある一定層の心を鷲掴みにするキャラクターです。

余談ですが、HSAは元ラウ使いで、4では晶よりサブで使ってたラウのが強かった説もあるくらいラウをやっていて、見た目もラウが好きらしいです。
今はただの壁に当てたいおじさんラウなので温かい目で見てあげてください。

2、キャラ特性

シリーズを通して、むちゃくちゃ強い時もあれば、微妙な時期もあるが、VFにおけるスタンダードな技が揃っているせいか、最弱クラスにノミネートすることは少ない。

手数でラッシュをかけ、相手を追い込んでいくような技が多い。
使いやすい技が多く、構えから強力な択をかけたり、コンボもいれやすいのが特徴。

上記のような理由で「初心者向け」とされるが、今作では上達してくると、相手を崩すのがかなり難しい玄人キャラです。

但し壁コンボはとてもカッコいい。
そしてかなりダメージをとれる。

 

ジャッキーと同じくなぜか
ヤンキーか極〇系の人の使用人口が多い。

そしてキャラが強くても弱くても使用人口があまり変わらない傾向にあります。

スト5で言うとオーソドックスだけどリュウケンとは違うという意味で、
ガイルみたいなイメージですかね。

渋いおじさんが大好き、華麗な壁コンボやラッシュで相手を攻めたい、最後まで看取ってあげたい、そんなあなたにピッタリのキャラです。

【オススメポイント】
・渋い
・壁コンボが難しいが、かっこいい
・弱者に股をくぐらせることができる
・おいしいご飯が食べられる

VFの宣伝をしようと思う パイ編

VFの発展を願って始めた宣伝企画シリーズ。
本当に全キャラやるの?本当に??と自問自答は始まりつつありますが、根性で乗り切りたいと思います。

今日はパイチェンについて。

 

パイ・チェン
(通称:パイ)

1、キャラ概要

これまで紹介した晶・ジャッキー・サラと同じく、DOAに出張していたり、電撃文庫 FIGHTING CLIMAXのサポートキャラとしても登場した燕青拳を使う中華娘。
職業は映画俳優。のちに紹介するラウ・チェンの娘であり、当初は家族を顧みず、修行ばかりしていたラウを倒すべく、大会に参戦していたが、のちにラウが不治の病だということを知り、ラウを止めるべく追いかけている。VF上珍しくストーリーがきちんとしているキャラ。

そして今はラウの最後の生きざまを見届けようと追いかけてる。いい娘。
ほんといい娘。そして、

 声が高山みなみ。
これだけで強キャラ。

「あなたには功夫が足りないわ」
「10年早かったわね」
は一度ぜひ聞いて欲しい。

VF1から登場し、VFをプレイする人のみならず、
「ストリートファイターだったら春麗だけど、VFならパイだよね。」
と言って貰える、とてもいい立ち位置にいる人。

VF4でアイテムが付け替えられるようになってからむちゃくちゃ可愛くなった。
大学デビューならぬVF4デビュー。
のちに紹介しますが、梅小路葵もVF4デビューした一人です。


2、キャラ特性

シリーズ通して物凄く強い時もあればとてつもなく微妙な時期もあるアップダウンの激しい調整をされやすい。

スピードが速く、ダメージよりは手数で押していくスピードタイプのキャラ。
また当身や低い姿勢で身をかわす様な技もあるので、そういった技を使って上手く立ち回っていく、安易な中華娘デザインのわりには結構テクニカルな部分が必要なキャラです

が、とにかく発生が早い技が揃ってるので、「やべえ!」と思ったらとりあえずボタンをこするだけでも結構なんとかなったりする。ある意味昆虫向き。

軽量級の部類に属するのに、なぜかVF5のどこかからパイだけコンボが入らないなどが増え、各方面から

「パイが太った」

と謎にディスられている。

ソウルキャリバーでいえばシャンファ、鉄拳でいえばシャオユウ、ストリートファイターでいえば春麗がイメージとして近いのではないでしょうか?

また女性人気も高く、(女性プレイヤーがたくさんいたときは)使用している女性が多く存在。アイテムも凝ったものが多かったせいか、格ゲーを楽しむというよりはアイテムを集めたいアイテムコレクター系プレイヤーにも非常に人気が高い。

着せ替えが大好き
スピードと手数で攻めたい
当身や独特な姿勢の技たちで相手の技をかわしたい
そんなあなたにピッタリのキャラです!

 

【オススメポイント】
・とりあえずボタンこすって誤魔化せる
・パイもかわいいしアイテムもかわいい
・声が高山みなみ(2回目)
・HSAがVF女キャラで一番好きなキャラ

 

VFの宣伝をしようと思う サラ編

VF宣伝シリーズ第三段。
今回は前回紹介したジャッキーの妹、サラ・ブライアント。

 

Sarah Bryant サラ・ブライアント
(通称:サラ)

 

1、キャラ概要

晶・ジャッキーと共にDOAに出張していた一人。
「ターミネーター」のサラ・コナーからイメージを膨らませてできたキャラ。
ジャッキーの妹。
VF内で数少ないお色気担当でありセクシー担当。服装もそういったものが多い。
基本的にお洒落。
同じSEGAの神ゲー「スペースチャンネル5」の主人公:うららのような髪型や服があるので、うららになりきることも可能。

元々はジャッキーと同じ截拳道(ジークンドー)の使い手だったが、J6(悪いやつら)に誘拐されたのが原因でVF4evoくらいからマーシャルアーツの使い手になってる。

何故誘拐されたら
マーシャルアーツの使い手になるんだろうか?


このあたりがVFストーリーの浅ポチャを体現している。

その時に幼少期の記憶もなくなったのでジャッキーが誰だかイマイチわかっていない様子。


2、キャラ特性

シリーズ通してキャラの強さのアップダウンが激しいキャラ。
むちゃくちゃ強い時もあれば弱い時もあり、全く先行きが見えません。
当初はジャッキーと同じジークンドーだったので、基本技が揃っていて、ジャッキーよりは素早い、但し非力。という感じでしたが、4evo以降はマーシャルアーツを取り入れた+フラミンゴという特殊な構えが追加されたこともあり、非力さを多彩な攻めで誤魔化す方向が強くなった。

フラミンゴで構えてゴリ押す、わからん殺しでなんとかするといった点で、
鉄拳でいうとあまり強くないニーナ、キャリバーでいうと強くない2Bが近いのではないでしょうか?

またキャラがそんなに強くなくても必ず一定数の使用人口が存在、やり込みもかなりするタイプのプレイヤーが多く、固定ファンが強い。

また固定ファンの愛情と熱意が半端なく、

サラに貢いだ金額は外車が買えるくらいだったり、
下手したらマンション買えるくらいという人もちらほら。。。

セガの生み出したドル箱、それがサラブライアントです。

ちなみにYahoo!JAPANが存在する前に「YAHOO!」と叫んで、勝利ポーズを決めていました。
誰よりも先取りYahoo!です。サラには先見の明があったのかもしれません。

ダンスのように華麗に舞い、多彩な技で戦いたいあなた
金髪セクシー女性が大好きなあなた、
ドMなあなたにピッタリなキャラです。

【オススメポイント】
・強かろうが弱かろうがキャラ愛でカバーできる
・多彩な技と構えで相手を翻弄して勝ちたい
・コンボが好き、空中コンボが得意

 

VFの宣伝をしようと思う ジャッキー編

前回に引き続き、今日も皆さんにVFを布教しようと思います。
今回はジャッキーについて。

Jacky Bryant ジャッキー・ブライアント
(通称:ジャッキー)


1、キャラ概要

晶と同じく、DOAに出張に行っていたのでDOAをやったことある方には馴染みがあるかもしれません。
アメリカ人で職業はレーサー。截拳道(ジークンドー)の使い手です。
後に紹介する予定のサラ・ブライアントの兄にあたります。
何故か物凄いシスコンに設定されています。
前回も言いましたが、VFのストーリーは浅ポチャなのであまり気にしないでください。
よくわからないが、勝ちポーズで牛乳を飲んだりする。トレーニングの為だろうか?
10/25  追記
ジャッキーの職業であるインディカーレースでは優勝すると牛乳を飲むからという情報がジャッキー使いさんから寄せられました。

しかもちょっと調べたら始まりは1933年。
ルイス・メイヤーが、レース終了後に牛乳をリクエストしたのがキッカケで、優勝者が牛乳を飲んでいる光景に目をつけた牛乳製造会社がスポンサーとなり、優勝者に牛乳が提供されるようになったそうです。

牛乳の種類も選べるらしく、各選手は予選を通過した時点で、優勝した時に飲む牛乳を「whole milk(成分無調整乳)」、「two-percent milk(2%低脂肪乳)」、「fat-free milk(無脂肪乳)」から選べるとか。

これを飲み干すと賞金がもらえるそうですよ!

豆知識が増えましたね、こんな豆知識も増えるVFってすごいと思いませんか?

ぱっと見はイケメンナイスガイなのに、
終始「イヤァー!」「カモォーン!」と甲高い声でハイテンションに叫んでいるのですべてが台無しのキャラ。

 

2、キャラ特性

彼も晶と同じく、シリーズ通してかなり強い傾向にあります。
昔は、
「ジャッキーが強いのはセガの偉いさんの子供が使ってるから」とかいうよくわからないデマが蔓延しておりました。

キャラが強いこともあり、一通りの技が揃っているので、VFの基本を覚えるならジャッキーだ!!とやたら初心者に勧められるキャラ。

ストリートファイターシリーズでいったらリュウ・ケン、ソウルキャリバーで言ったらソフィーティアのような感じでしょうか。

でもサマー打てるからちょっとガイルの要素もあるかもしれません。

リュウ・ケン+ガイル?!
なんて夢のあるキャラでしょう!!

 

強いキャラではあるのですが、スタンダード&使用人口がいつもかなり多いので、対応もされやすいのが難点です。晶と逆で、最初は結構勝てるのに段々きつくなってくるタイプ。

現行バージョンでは晶と双璧をなす強キャラの一人としてあげられていますが、常に「ジャッキーの方が強い」「晶の方が強い」互いに言い合い、と戦争をしております。

実際にアキラ・ジャッキーオフ会も開催されたことがあり、その際は
ジャッキー軍に軍配が上がりました。

この戦争に終止符を打ってくれるプレイヤーをVF界では常に募集しています。

 

またなぜか、昔から
ホストかヤンキー(元ヤン含む)の使用率が高い。

VF七不思議のひとつです。

またコンボに居合蹴り(Kが当たった瞬間にGでキャンセルする)が絡むものが多く、テクニカルですが、めちゃくちゃカッコいいです!

余談ですが、VF3tbの時はジャッキーをメインで使っていて、ジャッキーが大好きで大好きで、当時患っていた私はジャッキーのVFポートレート(VFキャラのイメージビデオみたいなの)のジャケットの真似してプリクラ撮ったりしてました。

これな。

思わず真似したくなっちゃう、
それくらいカッコいいということで、大目に見てください。

 

オーソドックスなキャラが好き、
スピーディーに、そしてリズミカルに攻めて相手を崩したい、
居合蹴りを打ちたい!

そんなあなたにぴったりなキャラです!

 

【オススメポイント】
・どのバージョンでもだいたい強い
・基本技がわかりやすく使いやすい
・コンボがかっこよく爽快感がある

 

 

VFを宣伝しようと思う アキラ編

このブログ、光栄なことにVF全然やられない方もブログを読んでくださっていて、
せっかくなので皆様にVFに興味を持っていただきたいので、
キャラランクとかではなく、各キャラのいいところを書き連ねて
「おお!私もVFやってみたいな~!!」
「このキャラ使ってみたーい!」
と思っていただけるような紹介をしていこうと思います。

 

もはや化石ゲー
VF勢って生きてたんだ?
200年前のゲーム(PS3)でしょ?

と温かい声援をいただくVF5FSですが、ぜひこれを読んで
このキャラええやん!と思ったら触ってみてください。

 

結城晶(ユウキ アキラ)通称:アキラ

1、キャラ概要

VFシリーズ通して登場しているザ・主人公。
最近では他ゲーへの出張が激しいので、VFシリーズをご存じない方にも知られているかもしれません。
職業は道場師範代で格闘家。趣味は修行。それってニートじゃ(ry
ストーリーではウルフと友達で葵と昔馴染。

でもVFのストーリーってむちゃくちゃ浅ポチャであってないようなものなんであまり気にしないでください。

2、キャラ特性

だいたいどのシリーズもそこそこに強い。むちゃくちゃ弱いみたいな時期がありません。主人公なのもあると思いますが、コマンドや操作が難しく、その分強く設定しているのであまり弱くなることがありません。ソウルキャリバーシリーズでいうと雪華やαパトロクロスのような感じ。

ただし昨今、VFシリーズが長くなってきたのもあってアキラ使いのレベルがかなり高い為、難しい操作も結構みんな難なくこなしてしまい、ただの強いキャラになりつつある。最近の呼称は「ガンダム」。
また強いキャラではあるが、ある程度動かせるようになるまで、大抵の人が非常に時間がかかるので、大器晩成型キャラ。

また、モーションと音がむちゃくちゃかっこいい。

暴れが刺さっただけでもむちゃくちゃ映える。

インスタ映えなら間違いなくアキラ。

 

 

ほーら映える~

 

 

 

どんなに辛くても地道に練習して、先の未来を信じて折れずに継続できる真面目な人材にぴったりのキャラです。

自在に動かせるようになったら人生ゲームの仕返しマスに止まったも同然です。

今までのストレスを存分にそのダメージ効率で破壊していきましょう!

【オススメポイント】
・技がカッコいい。
・声が三木眞一郎。
・操作が難しいが最終的に使いこなせたら強い。

 

 

 

オタサーの。。。

ゲーム業界ってだいぶ女性も増えてきましたが、まだまだ男性に比べたらその数は及びません。

絶対数が少ないので必然として大切に扱われ、蝶よ華よと見守られ、
そんな存在をいつしか、「オタサーの姫」と呼ぶようになりました。
ゲームやオタク関係以外でも男女比の割合の男性が多いとこの現象が起こりやすくなります。レアリティの産物ですね。

知人で工学系の大学に通っていた子がいたんですが、女性が学部に3~4人しかおらず、彼女のファンクラブまで存在していたそう。凄すぎる。

なんかむちゃくちゃ悪いみたいな話として扱われがちなオタサーの姫。
でも以前、その環境がオタサーの姫を作ったふしがあるので、彼女たちも是非もない存在なのではみたいな記事を書きましたが(こちら)、逆に美女がたくさんいるみたいな環境だったらどうなるんだろう。とずっと思っていました。

 

そう、それは「藍より青し」や「いちご100%」や「To LOVEる 」のように。。。

と思ったけどそんな環境なかなかないですからね。
その結果を知ることはないだろうと思ってたんですが。。。


話が大きく変わりますが、私、上野が好きでして。

さらに動物も好きなので上野動物園は近いこともあり、何度も訪問しています。

上野動物園といえばやっぱり、パンダ。
上野ってパンダがいる時はもうそりゃあお祭り騒ぎなんです。

生まれた~!!
名前はどうする~?
名前はシャンシャンになりました~!!

こんな程度のことまで民放のニュースになるんです。

名前決めるのも33万通も応募がきちゃって
最終的には都知事がその中から決めるとかで
もうめっちゃ大事なんです。

もちろん上野動物園に行っても、土日のパンダゾーンなんて大混雑で1~2時間待ったりするし、なんなら1~2時間並んだのに

パンダ寝てて全然起きてこないで背中だけを見るはめになったりするんです。

それくらいレアリティが高い、上野動物園の永遠のアイドル、パンダ。

私は東京にずっといたのもあってパンダというのは永遠のアイドルであり、人気者であり、ヒーローであると思っていました。

そう。

 

アドベンチャーワールドに行くまでは。。。

 

和歌山県にあるアドベンチャーワールドという動物園。
HSAの実家からそう遠くなかったので、動物大好きな私の為に、HSAが連れて行ってくれたのがきっかけでした。

アドベンチャーワールドにはパンダが6匹もいたんです。
1匹で寝ててもあんなにもてはやされるパンダが6匹も?!
期待は膨らむばかりです。

いざ行ってみると、マジでその辺にパンダがいる。
ガラス張りの中にいる子もいるんですけど、完全に屋外にいる子もいて、なんなら木とか登っちゃってる。。。。

最初はみんな「キャー!パンダ!」とか言ってるんですけど、なんか後半はレアリティ下がっちゃって「あ、パンダだ」みたいな感じ。

なんならアドベンチャーワールドはパンダラブツアー(要課金)というのがあって、パンダに餌あげられたり、近くで写真を撮れたりと、金さえあればなんでもできるスタイル。

上野ではあんなにもてはやされているというのに。。。
カルチャーショックを受けました。

そしてアドベンチャーワールドに行って以来、

上野動物園のパンダはオタサーの姫だったんだなと。


そして姫がたくさんいたら「あ、姫だ」
程度になってしまうんだと。

 

ハーレムを作り出さずとも、
身をもって知ることができました。
ありがとうパンダたち。

というわけで、パンダが見たかったら和歌山県へどうぞ!!

思ってたのと違った

最近、モンハンのアイコンがずっと別の形に見えてた方のツイートをみて、
ふと、自分もそんなんたくさんあったことを思い出しました。

ゲーム以外になりますが、わかりやすくいうと
「できるかな」のナレーションの声、


ずっとゴン太君がしゃべってると思ってた。

みたいなやつ。
ちょっとジェネレーションギャップある層には全く伝わらない言い方をしてしまった。。。

こういう方結構いるんじゃないでしょうか。
こういうちょっとした勘違いが、私の世間の常識では収まらないスペース脳内ではかなり頻繁に行われておりまして、
それを思い出せる限り羅列していこうと思います。

【FF編】

しさいのぼうし

FFシリーズの1~10くらいまでにちょこちょこでてくる防具です。
正しくは「司祭の帽子」なんですが
ずっと「死祭の帽子」だと思ってました。
死の祭りに使う帽子だから葬式用なのかなとか勝手に思っていた。

 

あめのむらくも
FF5に登場した強い刀。
正しくは「天の叢雲」。元ネタは八頭大蛇やまたのおろちの尾から出たという天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ/あまのむらくものつるぎ)。
のちに草薙剣くさなぎのつるぎとも呼ばれるようになり、3種の神器となった武器。
だったら草薙の剣でよかったのに。。。
私は「雨の村雲」だと思ってた。
雨の村の人が雲で作ったと信じて疑わなかったのに。。。

正解を知ったのは20歳ごろでした。

 

よいちのゆみ
FF2あたりから登場した強い弓。
正しくは「与一の弓」。元ネタは平安時代の武将で弓の名手であるある那須与一から。

これはずっと「よい地の弓」だと思ってた。
いい土地の弓。
超弱そう。


モーニングスター

ドラクエでも登場するお馴染みの武器。
「明けの明星」という意味の武器らしく、聖職者系ジョブが装備することが多い。
聖職者が装備するし、名前が「モーニングスター」だからきっとこんな武器に違いない!!

 

キラキラで攻撃するみたいな。

小学生の私はこんなんを妄想してたわけですよ。結構上手く書けた。
その為に一生懸命お金稼いで稼いで。買えた時は嬉しかったなあ。

のちに攻略本か何かで武器のビジュアルが見えるようになった時に、衝撃の事実を知るのです。

 

私の知ってるモーニングスターじゃない。。。

完全に名前詐欺。
ていうか

非力な聖職者がこんなもんで殴っていいのだろうか?

未だに納得がいかない。

また思い出したら書きます。
アホがバレるからもう書かないかもしれません。

 

準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく。そのために考え得るすべてのことをこなしていく。

大会に出る時、みなさんはどんな調整をしますか?

プロでもない、あくまで趣味の範囲で
今はそこまでガツガツプレイしていない私ですら、ある程度調整したりするので、
一線でやられている方々はもっと凄まじい調整をされているのだと思います。

主に

プレイ内容やテクニックなどのゲームプレイ自体に対する調整
体などやメンタルなど自分自身に対する調整

になってくると思います。

私はプレイ内容やテクニックに関しては、その時の自分ができることを見直して
それを最大限に活かしていけるようにしています。

例えば結構やり込んでいてゲームスピードにもついていけて、といった状態だったら何個かできることを羅列して、ちょっと小難しいこともやってみたりしますが、

あまりやり込めてないな、と思ったら意識を「二択を最速でかける」「いっぱい投げる」などシンプルなことだけに重点を置きます。

やり込みに関わらず、こないだはできたのに今日はできないとおもったら即座にそれは切り捨てます。

当日に野試合でできなかったことは、絶対に本番で上手くできないので。。。
自然と体が動いて出来てくれたりすることもあるんですけどね。

また体のメンテってほどではないですが、
極力ご飯は食べません。食べても朝ちょっと軽食(果物とかみそ汁とか)取るくらい。
でないと集中力が落ちてしまうからです。
仕事中も基本的にかなり少な目にしています。

これは逆の人もいるみたいで、
HSAは逆にお腹すきすぎるとヘロヘロになってしまうので、だいたい何かを食べるか食べさせます。

あとカフェインとかミントタブレットで気分変えたりすると、結構よかったりもするので、昔からコーヒーとかフリスクやミンティアを常備しています。

私はそこまでゲームが上手なわけでもないですし、あくまで趣味の範囲なので、
ここまでする必要あるの?といったご意見もあるかもしれませんが、

やっぱりその時に悔いが残るの嫌なんですよね。

「もっとやり込めばよかったな~」
「あーご飯食べちゃったから集中できなかったなあ」
「フリスクないから落ち着かなかったなー」
「コーヒーのんどきゃよかったな~」

自分に言い訳を残したくないんです。

なのでその時の自分ができることを最大限できるようにするよう
調整しています。

普段の生活でも言い訳を残したくないのでなんでも
最大限にできるよう、心掛けています。
あの時あーしとけばよかった~ってあんまり気持よくないですからね。

でもHSAに負けた時はめっちゃ文句言う。

セコいガード崩し絶対許さない。

 

タイトルは私が尊敬してやまない、イチローさんの言葉です。
ゲーマーの方々の色んな調整方法をぜひ一度聞いてみたいですね!

世の中の誰もが納得するような、常識的な考え方をしていたのでは、新しいものなど作り出せはしない

VF4にハマっていた頃、
友人が「3D格闘ゲームツクール」に昔はまって
かなりやり込んだ話を聞きました。

この友人も私に負けず劣らず、頭の中身がどうかしていて、
わりとバランスよく作った格ゲーに仕上がったのに、
壊れ技「ハルマゲドン」を実装し、ゲームバランスを壊しておりました。

その話が面白過ぎたので、私も「3D格闘ツクール2」を購入して、3D格闘ゲームを始めて作ることに。

いちからモーションを作ることも可能なこの画期的なゲーム、
ただ、腕がどう考えても折れているようなモーションになってしまったり、
なぜか空中に浮いてしまったりとかなり調整が難しく、
私はもとからあるモーションを色々変える程度にとどめて、格ゲーを作成していました。

今考えてもやばいのが
立ちガードが直立不動モーション。「気をつけ!!」の姿勢。
軍隊もびっくりなまっすぐな姿勢に設定。


なのでガードボタンおすといきなりピーン!!てなる。

 

めっちゃ怖い。

 

多分想像つかないと思うので参考動画張っておきます。
本当に調整が難しくてすぐ人が上下逆さになったり飛んでったりします。
参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=DXqCd1Yt61I

その後調整しながらなんとかゲームになったんですけど、
普通じゃつまらなくなってきてしまって様々な技を実装しました。


久米宏:発生1F、中段、ガードして有利

足裏診断:発生10F、下段、全回転、ガードして有利
最高ですか?:投げ、アホ減る


思い出せる主要クソ技だけでも酷い。

 

ネーミングセンスも意味がわからない。
そこに巻き込まれてる久米宏が不憫でならない。

 

VF4のチームで白装束集団立ち上げただけのことはある。
鍵をかけなかったので知らない人がめっちゃ入ってきて、8割くらい知らない人で自己PRで会話してました。
「みんなコスを白くしましょう」
「教祖~!ついていきます」

1~2ヶ月で飽きて

「天上界へ帰ります」
「そんな教祖~!行かないで!!」

みたいな会話をしたのが最後だった記憶があります。
あそこにいた方々元気なのかな。。。元気だったらリプかDMください。


話が逸れました。

そんな感じでクソ技を好きなキャラだけに実装し
一人で散々遊んで哲子の3D格闘ツクール2期は幕を閉じるのでした。

このゲームをして思ったのは格ゲーを作るのは大変なんだなあということ。
些細な動きもいろんなモーションを経て作られていることを知りました。
行き詰った時に久米宏実装でバランス壊して遊んだり、強キャラを友達に教えないで自分だけ足裏診断連打して勝って気持ちよくなったりなんか現実のゲームではできませんもんね。。。ストレスで禿げちゃう。

でもVF6作ってくださいね。
出来る限りのことはするんで

よろしくお願いします。

敬称略

ゲームコミュニティで

「名前は知ってるのに全然知り合いでもなんでもない人」

ってある一定数存在していると思います。

そういう方々を呼ぶとき、敬称ってどうしていますか?

例えばAさんとBさんでHSAの話をしていたとして
(どちらも全く知り合いではない場合)

A「いやあ、こないだのホームステイアキラの試合すごかったね~」
B「見た見た!ホムステさんならではの試合だったね~」

と敬称つける人もいればつけない人もいます。

個人的には全く知らないのではれば敬称はつけた方がいいのかな?失礼じゃない?と思っていたんですが、ある日HSAからこんな話を聞きました。

HSAの知人の方で、誰であっても敬称をつけないタイプの方がいたそうです。
なんでつけないの?失礼じゃない?みたいな議題があがった際に

その方は

「何言ってるんだ、お前らだって

 マイケルジャクソンさんって言わないだろ!」

「むしろリスペクトの証!!有名な証だろ!!」


本当だ!!

 

何この説得力。。。
言われてみれば私も全然知り合いとかじゃないけど、
第三者との会話でお名前出すときは

 

ウメハラって言ってた
ときどって言ってた
※ご本人やその周囲の方に会ったときはちゃんと敬称つけましょうね。

 

以降この現象を「マイケルジャクソン現象」と呼称し、
敬称略がないのはビックな証としております。

たしかに「福山雅治さん」「明石家さんまさん」とかってあんまりいわないもんね。。。
とっても納得した一言でした。