【漫画】温度差

やり方は人それぞれ。

以前モチベ差の話を書きましたが、人それぞれ取り組み方、熱量って違うものだから共存するのって結構難しいですよね。
照準をどこに合わせるかによって、チームメイトも変わってきます。

楽しくやれる好きな人と出たいのか
好きなゲームを同じくらい好きな人たちと出るか

どこに照準を合わせるかがぶれると綻びが生まれやすい気がします。

楽しくゲームができるよう、人と人のお付き合いも大切にしていきたいものです。

【漫画】あと一人

チームメイトは見つかるのか否か!?

チームを組むうえで強い弱いより大事なことってありますよね。
チームバランスも大事ですが、楽しそうとか絆大事にてます!みたいなチームって素敵だな~なんて思います。

【漫画】想定外

猜疑心の強めなマミヤさん。

レイちゃん疑ってごめーん!!!
(マミヤ心の叫び)
とりあえず4人目が見つかったマミヤ&ユリアチーム。
今後もゲーマーあるある詰め込みつつ細々やっていきます(*´ω`)

【漫画】チームメイト探し

初めてのチーム戦に出ることになったマミヤさん。

 

今の時代はツイッターを駆使してチームメイト探したり、斡旋があったりと大会参加者に本当に優しくなったな~とこれを作りながら思いました。

私は昔から女性で大会に出たい!という欲が強く、運よくVF4時代からご縁があって女性チームで組めたのでそこまで苦労もなかったのですが、自分でチームを作るって人脈ができるまで本当に大変ですよね。

チーム戦も決まったメンツになると「一緒に居て当たり前」みたいに思いがちですが、そのご縁もチームメイトも一朝一夕で出来たわけではありませんから、そういうことを忘れないようにしよう、と思いました。

自分がそうだったせいか、女性チームやゲーマーを見るとゲーム種別問わず応援したくなります、最近増えてきてますが、もっともっと増えたらいいな(*´ω`)

ゲーセン冬の風物詩

最近めっきり暖かくなってきましたね。
桜も咲き始め、春を感じます。

寒いのが苦手な私は大歓迎なのですが、ふと、寒い時期にゲーセンで困ることを思い出しました。

①コートが鬼のように邪魔

外寒い、しかしゲーセン暑い。必然的にコート等上着を脱がなければなりません。
これがまー邪魔。置く場所があるならいいけど、なければ本当に邪魔。
片手に上着、片手にジュース。
はい、台が空きました。
えーとジュースおいて、コート膝に置いて、ポケットから小銭出して・・・。

この上なく鬱陶しい

 

かといって、上着を持っていかないわけにもいかない。
冬のゲーセンの辛い点です。

②手がかじかむ
寒すぎてゲーセンついてすぐゲームができないんですよね、動かなくて。
仕方ないのでホットコーヒーなどを購入してそれでしばらく手を温めるんですけど。ここでいつも困ることがあるんです。

どこで見切って缶を開封して飲むか

これです。
あまりに手の温めに集中すると、コーヒーはすっかりぬるくなってしまい、美味しくない上に体の温め効果も薄れてしまいます。
ただ、あまりにすぐ開封してはコーヒーもさっさと冷めだしますし、手にのせてコロコロと缶コーヒーを転がす、必殺「手の解凍」もできなくなります。

いっつもこれ困って結局ぬるいコーヒーを飲んでいます。
どれが正解なんだ・・・。

最近は家でのゲームが充実しているため、こういったゲーセンならではの経験もあまりしなくなりつつありますね。
便利ですが、少し寂しいような。そんな気もします。
こんなしょうもない小話でしたが、過去の不便さ故、記憶に残りやすいのかもしれませんね。

ゲーセン冬の風物詩でした。

【漫画】大会に出たい リンちゃん編

それでも甘やかしたくなるのがリンちゃん。

リンちゃん強し。

さて、マミヤ・ユリア・リンちゃんのチームは出来上がるんですかね。
乞うご期待!とか言いたいけど、
何も考えていないので、いつもの通り全く見当がついておりません。
期待せずお待ちいただければと思います!

【漫画】大会に出たい マミヤ編

マミヤあるあるってよりは女性あるある、なのかな。

 

このポジティブさ。大事ですよね。

女性に限らず、下手だから~とか。あんまり自信ないから~って大会尻込みしてる間があるなら、どんどん出た方がいいな~!と個人的には思います。
自分がやってるゲームの大会が、いつまでもあるとも限りません。
ぜひ、あるうちにいろんなイベント・大会に足を運び、その空気に触れ、そしてもっともっとゲームを楽しんでいただければいいな~と。

ただ、私もある程度形にならないと表に出たくないタイプな方なので、尻込み派の気持ちもすご~くわかります。
そんな時は自分で「コンボがある程度できるようになったら」「ランク(段位)がこれになったら」など、小さめの目標をたてて、それを達成したら出る!とかにしてます。
その小さな目標の達成が、小さな自信を生み出してくれる気がするんですよね。

イベント自粛になり、普段普通に行われてるイベントや対戦会のありがたみが本当にわかりました。復活したらまたどんどん色んなとこに行ってみたいな、と思います!

明日はユリアさん編上げます!

ニックネーム

去年LAにVFのイベントがあり、招待されたHSAについていったのですが、そのおかげで海外の友達がたくさんできました!
海外勢からしてみると「山田哲子」って呼びづらいみたいで、みんな

「YAMADA!」と呼んでくれました。
日本だと「哲子さん」派が多いのでちょっぴり新鮮。
でも「山田さん」とか「YAMADA」って呼ばれると、なんだか山田哲人になったみたいでちょっぴりうふふ、とかキモイことを思ったりしています。

そんな中、海外勢の一人が
「へい!山田!俺は今度から君のことをTY(タイ)って呼ぶよ!」
とニックネームをつけてくれたんです。
山田哲子のイニシャルをとってTYか!って思ってたんですが、実はそれ以外にも意味はあるよ!と。
何?!そんな奥深いニックネームだったのか!

「タイ・カッブっていう偉大な野球選手がいたのさ!君にピッタリだろ」

なんとメジャー選手の偉大な方の名前とも一致するのか!光栄だわ~。
以前より山田哲子は好きな日本の野球選手の名前をもじったもの、と説明してたので野球好きな私にぴったりなあだ名をつけてくれたんです。

が、ホームステイアキラが爆笑しながら
「自分、タイ・カッブ言われてるやんwww」
って言ってくる。
「偉大な野球選手じゃないの?」
「いや、偉大やけど。ggったら?」

と。たしかにどんな選手か知らなかったわ。
というわけでwikiさんに聞くことに。

1909年にはMLB史上唯一の打撃全タイトル制覇を達成。ピート・ローズに破られるまでメジャーリーグ歴代1位の4191本の安打を打ち、通算打率.366で首位打者を12回獲得するなど数々のMLB記録を保持している。(wikiさんより)

めっちゃすごいやん??

一方、悪評も有名な人物であり、
「最高の技術と最低の人格」
「メジャーリーグ史上、最も偉大かつ最も嫌われた選手」
とも評された。

あれ。。。

粗暴な態度と歯に衣着せぬ口の悪さで有名であり、そのため周囲からは忌み嫌われ、疎まれる存在だった。
カッブと長い間チームメートだったデイビー・ジョーンズも、
「彼(カッブ)がスランプに陥ったときは、話しかける事なんかできなかった。(ただでさえひどい態度が)悪魔よりもひどくなっていたから」
と語っている。

これは。。。思ってたのとだいぶ違う予感が。。。

「ダッグアウトで相手にわざと見えるようにしてスパイクの歯を研いでいた」というものがある。これは「進塁先の守備を萎縮させるためにスパイクを研いで見せ、ラフプレーを印象付ける」というもの。

 

悪評が全米に知れ渡り
最高の技術と最悪の人格の持ち主
と形容される

wikipedia タイカッブより抜粋


話違くない?(´;ω;`)ウッ…

 

ま、まあ偉大な選手には変わりないですからね!
TYとして今後も頑張ります!w

【漫画】ガード不能

理不尽だとわかっていたとしても。

マミヤなあなたならきっと経験あるはず?!
理不尽極まりないですけど、自分だけを褒めてほしい女心だと思えばかわいい。。。はず。。。

こっそりと新キャラが登場しました。
そのうちまた何かで出てくるかもしれません。
来ないかもしれません(出オチ)