「ゲーム」のストライクゾーン

ゲームが女性に浸透しつつある昨今。
日常生活においても、スマホゲーの普及などもあり手軽にゲームができるので
一般女性がゲームの話題を出すことが少なくなくなりました。

趣味はなんですか?

カタギ女性「ゲームです!」

格ゲー女性「ゲームです!」

同じワードなのにどうしてこんなに見え方が違うんだろうか。

私の会社は女性の方が多く、みんな結構ゲームが好きです。

A「私はスマブラとスプラトゥーン好きです!」
B「私はモンハンとRPGが好きです!」
C「私はモンストとかソシャゲしてます」
D「私はオンラインのFFやニーアが好きです!他にも色々やります!」

私の会社ではDさんが最もオタクであり、ゲームマニアです。
Dさんとは、年が近いのもあり、ゲームが好きなのもあって色々話すのですが


同じ、「ゲーム」が好きなはずのに全然話が噛み合わない

SC6を少しだけやってたので、2Bが登場した時に少し興味を持ち、ニーアの話をDさんに振った時の事。

哲子「ニーアオートマタっておもしろい?」
D「私はすごい好きです!オススメです!」
哲子「そうなんだ~、格ゲーに出てきてさ、2Bかっこいいね。」
D「哲子さん格ゲーばっかやってますけど、他のゲームやらないんですか?」

哲子「昔はちょいちょいやってたけど最近やらないね~」

D「なんでですか?」

哲子「格ゲーやってたら他のゲームする時間とるの難しかったりその時間あるなら格ゲー練習したいから~。」

D「え!?格ゲーってそんな時間かかるんですか?!というか、ずっとやってて飽きませんか?」

 

説明が難しすぎるっ。。。!

 

というようなことがありました。
カタギの中でもかなりオタクを自称しているDさんにですら全然伝わらない格ゲー事情。

同じゲームでも

ど真ん中ストレートと
アウトローくらい違うのです。

更に格ゲーの中でもVFになると全然ヒットせず、女性に比べると格ゲーに理解のある男性でも

「哲子さんの旦那さん、鉄拳すごい上手いんでしょ?!」

「哲子さん、旦那さんと一緒に海外の大会行ったんだって?すごいね!スト2だっけ?」

哲子「バーチャです。。。」

 

このくだりをカタギの世界で何回やったかわかりません。

格ゲー女性がポピュラーになるのはまだまだ先のようですが、
私が始めた頃よりもずっとずっと居心地のいい世界にはなっている実感があります。

格ゲーの面白さがもっともっと色んな人に伝わって
またど真ん中ストレートになる日がくればいいな~と祈っております。

さらにVF6がでればもっといいなと思ってます。