Who am I ? マミヤとユリアは何者なのか

くっそ厨二病みたいなタイトルつけちゃった。。。。

彼氏や配偶者がゲーマーで
自分もその環境下へ出向く時。

ユリアでもマミヤでも(ユリアとマミヤについてはこちら
◎◎さんの奥さんであったり、△△君の彼女であったりと形容されることが多くあります。

奥様や彼女の方が先に始めた場合は逆ですね、◎◎さんの旦那さん、△△さんの彼氏になるわけです。

私も「山田哲子」なのですが、「ホームステイアキラの奥さん」になるわけで、
その違いに四苦八苦した時期がありました。

「ホームステイアキラの奥さん」だから自分が何か間違ったことしてしまったら、「ホームステイアキラ」が悪く思われるんじゃないかとか。
調子に乗ってるとか思われないかとか。

「ホームステイアキラの奥さん」だからってみんなが自分によくしてくれるんじゃないかとか。

中には「ホームステイアキラとお近づきになりたいから、嫁づたいで紹介してもらおう」って方もいて。

自分は自分だけれど、ホームステイアキラの奥さんなわけで。その立ち位置というか立ち居振る舞いというか、そういうのを一時期よく考えていました。

ユリアとマミヤの「〇〇さんの何か」という形容詞について、
悩む人もいれば、それを逆手にとって「好機!!!」とする人もいます。

哲子で例えるなら

わしは帝王の嫁じゃ!!
控えおれ!!!!

とか言いだすわけです。

 

まさに虎の威を借りる狐。
権力を持ちたいが為に王家に嫁いだ悪い正妃のよう。
権力が欲しいからパートナーを選んだ野心家。
それはそれで素敵な人生なのかもしれません。

一部のそういう自分の彼氏または配偶者が偉いとか、
自分のツレが有名人だとか
そういうので威圧してくる類の方たちのことを
いやいや、

あんたホームステイアキラの奥さんだけどホームステイアキラじゃないだろ

って思っていたんですが、最近は環境がそうさせているのもあるのかなと思ったんです。

やっぱり◎◎さんの奥さんだから、△△くんの彼女だからよくしてあげようとか、ユリアマミヤ個人ではなく、その背景にあるものを求めて近づいてくる人達がいたり、背景に萎縮する人たちがいるので、

彼女達は自分が偉くなったような錯覚がしてしまうのではないかと。

オタサーの姫も、やはり、その環境下においてモテるので錯覚に陥るわけで、そこできちんと自我が保てて、勘違いせず、きちんとやっていくって年齢を重ねないと難しいんじゃないかと思うのです。

そこで

「僕が好きなのは哲子じゃなくてHSAさんなんで優しくしてるだけですよ」

とか

「いやいやお前自分で思ってるよりガンバレルーヤみたいだからな」

なんて言える猛者はなかなかいません。

結果そういった勘違いをしてしまった人々を、裏で嘲笑ったり、貶したり。
たしかにそういう人たちは見当違いだったり、飛んでもないことを発言したり行動したりしますが、

それは彼ら彼女らが悪いのか
それを作り出した環境が悪かったのか


私には正解はいまだにわかりません。

 

白雪姫の継母も
魔法の鏡に美しい美しいと言われ続けて
やだ、あたしって美しいんだわって思っていたのに

信じていた魔法の鏡に
「世界で一番美しいのはだあれ?」って聞いたら
「白雪姫」

って即答されたら

殺意も覚えるよなあ、と。
いや殺意はやりすぎだな。

あの時鏡が嘘でも
「それはあなたです」っていったら

きっと平和だったんでしょうね。

 

かといって自分が何者であるかの中に確実に「〇〇の嫁」という形容詞はつきまといます。

でもそれも含めて自分だと思うんです。
なのでそれを目当てにする人も悪いと思えないんですよね。

もし自分が誰かの付属物だから、自分の背景にある利益を目的に大切に扱われていると感じるなら

それはそれとして上手く受け流し

それでも自分を個として、自分に何もなくてもちゃんと扱ってくれる人に出会えたなら

その人を大切にしていけたらいいんじゃないかなと。

 

いやいや、哲子さんあんただいぶ偉そうだよ、ふてぶてしいよって意見もあるかもしれませんが、

哲子がふてぶてしいのは
HSAの嫁だからではなく

生まれた時からなんで
問題ございません。