創作小説

フォロワーさんの名前を使って適当な創作をするⅡ-6

ゲーセンひらがなであおき(ひらがなであおき)最後の日。私(まゆぷん)は店の装飾、小学校の同級生(LadyVF)は八百屋さん(総長墓堀人)や酒屋さん(へにほに)、小料理屋さん(ヒロぽん)と材料や飲食物の確認をしていた。全体の進行をお願いした...
創作小説

フォロワーさんの名前を使って適当な創作をするⅡ-5

「店長(小林)!大変だよっ!」私(まゆぷん)はゲーセン(ひらがなであおき)に入った瞬間、大声で入口から声をかけた。が、息切れしてしまって、言葉が続かない。「どうしたの?」店長(小林)が心配そうに近づいてきた。「あのね、ここを直接支援したい...
創作小説

フォロワーさんの名前を使って適当な創作をするⅡ-4

あの作戦から1週間。私(まゆぷん)たちはポスター貼りに走り、ご近所さんに伝え、この町(華火)にはあのゲーセン(ひらがなであおき)が無くなることを知らない人はいなくなった。私(まゆぷん)は毎日あおき(ひらがなであおき)を訪ねて様子を見たが、...
創作小説

フォロワーさんの名前を使って適当な創作をするⅡ-3

翌日の日曜日、私(まゆぷん)と小学校の同級生(Lady VF)は母校の小学校(清酒大関)に集まった。「先生(Dr.)!お久しぶりです!」「いやあ、君(Lady VF)は随分大人びた雰囲気になったね。」「えっ先生(Dr.)、私(まゆぷん)が...
創作小説

フォロワーさんの名前を使って適当な創作をするⅡ-2

翌日、土曜日。小学校の同級生(Lady VF)はすぐに来てくれた。彼女(Lady VF)はすごく優秀だったから、私(まゆぷん)と同じ中学ではなく、遠くの中学校に通う為引っ越し、そのまま高校へ進学していた。「急にごめんね。」「いいよ、全然。...
創作小説

フォロワーさんの名前を使って適当な創作をするⅡ-1

それはそれは、本当に急な話。「店をね、畳もうと思うんだ。」青年(小林)がそう呟いた。私(まゆぷん)は耳を疑った。店を、畳む?このゲーセン(ひらがなであおき)を?「どうして?今でもいろんな人に愛されてるじゃないですか!」私(まゆぷん)は、こ...
創作小説

フォロワーさんの名前を使って適当な創作をする5

「そんなバカな・・・。」僕(勇次)は呆然と立ち尽くしていた。「こないだは7割くらい勝ててたのに・・・。」「普段からそんな本気だすと思う?」金髪の女性(LEINAman)はジョー(ジョー猫)を撫でながら微笑んだ。「どうするの~?コイン、もう...
創作小説

フォロワーさんの名前を使って適当な創作をする4

18時-。ゲーセンごぼセク(ごぼうセクスィ)の照明が薄暗くなり、筐体の明かりが際立つ。「大会でもやるのかな?」クラスメイト(きたろう)はきょきょろあたりを見回す。「ほい、それじゃあ配るぞー!」店長らしき男(daitaiyou1)が手に持っ...
創作小説

フォロワーさんの名前を使って適当な創作をする3

それから次の水曜まで、僕(勇次)とクラスメイト(きたろう)は、ゲーセン「ごぼセク」(ごぼうセクスィ)へと毎日通った。おかげでだいぶ顔見知りが増え、先週の水曜にいた和服の美女(Snow合気柔術)やポニーテールの女の子(Pin)とも話すように...
創作小説

フォロワーさんの名前を使って適当な創作をする2

そして翌日、僕(勇次)とクラスメイト(きたろう)はまたゲーセンごぼセク(ごぼうセクスィ)へと向かった。「おう、昨日ぶりだな。」店長らしき男(daitaiyou1)がにやりと笑った。「今日は水曜だから、大当たり日だぜ~。」大当たり日?なんだ...
タイトルとURLをコピーしました